ミズボウ

秋の入会キャンペーン
全員高校受験合格!!
春の入会キャンペーン
東大生の65%が小学校の時にやっていた事
人間の神経系統は12歳で完成します。

R.E. スキャモンが提唱した「スキャモンの発達・発育曲線」によると、人間の発達成長において、神経系統は生まれてから5 歳頃までに80%の成長を遂げ12 歳でほぼ100%になるとされています。神経系は、一度その経路が出来上がるとなかなか消えません。

例えば、いったん自転車に乗れるようになると何年間も乗らなくても、いつでもスムーズに乗れます。

12 歳までに神経回路へ刺激を与え、その回路を張り巡らせるために多種多様な動きを経験させることは、とても大切なことです。 子どもが成長していく時点では、器官や機能はまちまちの発達をしていくので、ある一つの課題に対しても、吸収しやすい時期と、しにくい時期があり最終的に大きな成長を期待するなら、最も吸収しやすい時期に、その課題を与えていくのが最適な方法です。

スキャモンの成長曲線

神経型の発達が著しい3 歳~ 12 歳の年代はゴールデンエイジと呼ばれています。

つまり、この「ゴールデンエイジ」の年代に水泳を習わせるという事は、身体はもちろんの事、東大生の65% がゴールデンエイジの頃に水泳を習っていたのと同じ様に、学力に必要な神経、つまり「脳」にも良い影響を与えるという事ができます。